無料エロ漫画・無料エロマンガ

【究極爆乳〜淫乱奥様は夫の仕事中に他人の上にまたがり腰を振る〜】進撃の痴女

究極爆乳〜淫乱奥様は夫の仕事中に他人の上にまたがり腰を振る〜_1

No.1
究極爆乳〜淫乱奥様は夫の仕事中に他人の上にまたがり腰を振る〜_2
No.2
究極爆乳〜淫乱奥様は夫の仕事中に他人の上にまたがり腰を振る〜_3
No.3
究極爆乳〜淫乱奥様は夫の仕事中に他人の上にまたがり腰を振る〜_4
No.4
究極爆乳〜淫乱奥様は夫の仕事中に他人の上にまたがり腰を振る〜_5
No.5
究極爆乳〜淫乱奥様は夫の仕事中に他人の上にまたがり腰を振る〜_6

【あらすじ】

二人の関係が始まったのは1週間前…。
出張先でアメリカに来ていた私は接待後、上司の家へ招かれた。

上司はの奥様は美しく、すごく魅力的だったが、その時はまだやましいい気持ちはなかった。

ある日、上司が酔い潰れたので上司を家まで届けた介抱したあと、上司の奥さんと話意気投合した。

彼女はにっこりと笑って言った。「ねぁ、リビングで飲まない?」

その提案に私は少し驚きながらも、舞い上がる気持ちを抑えられずに上司が寝ている部屋を閉めリビングで二人っきり…

ソファーの上でで再びワインを開けると、彼女の視線がじっと私を見つめていた。その視線に心が揺さぶられ、私は彼女に引き寄せられていった。

「今日はありがとう」と彼女がささやく。その声は、柔らかく、私の心をくすぐった。「いえいえ、え…」と私は答えた。

その後、彼女が突然私に寄り添ってきた。「ねえ、もっと近くに来て...」と。私の心は一瞬で彼女のものとなった。

彼女がゆっくりと私にキスをし、「いい?」と聞いてきた。その唇は甘く、そして官能的だった。「うん、いいよ…」と私は答え、彼女は私を押し倒した。

部屋の中は暗く、ただ二人だけの時間が流れていった。服を脱ぎ捨てると、彼女の美しい裸体が現れた。「きれいだ…」と私は呟いた。彼女は微笑みながら私を欲望のままに抱きしめた。

彼女の肌は柔らかく、暖かさが私を包み込んだ。彼女と私、二人の呼吸が同調する度に高まる感情。そして僕たちは何度も…。

そこから僕たちの関係は始まった…

■作品概要
本作のAI集は1ページずつストーリーを妄想してください。。

熟女誘惑、困惑する思い、ダメだとわかっていても理性が…など
シチュエーションは様々です。

今作では同一人物ではなく様々な女性が出演しています


■画像枚数 93枚
ファイル形式 JEPG

2023年10月発行
企画:進撃の痴女
著者:進撃の痴女
デザイン:進撃の痴女
写真制作ツール:stablediffusion

※本書の内容の一部または全てを無断転載・複製を禁じます。
※ここに示されるグラビアの画像は、全てAIによって生み出されたイラストで、現実の人物とは一切関係ありません。
※AIによる生成の結果、画像の一部が不完全である可能性があります。
※この写真集に登場するキャラクターは全て、20歳以上をベースにデザインされています。
※こちらの作品はAI生成画像です。手足指の乱れが生じている場合がございます。

私たちの目指すことは、妄想を刺激して感情の表現力を豊かにし、ストレスの多い現代社会で心を痛めている人々が、妄想を通じてストレスを軽減することです。

※「進撃の痴女」は、あくまでエンターテイメントの一環としてのフィクションであることをご理解ください。

-------------------
FANZA(旧:DMM.R18)ウォーターマークがついているサンプル画像は
株式会社デジタルコマースの許諾を得て掲載しております。
契約をしていないサイトが画像の二次利用を行う事は禁止されています。

著作権者様へ
著作権物の転用に関する問い合わせは出版社にご確認してください。
-------------------

迷ったらコレ☆厳選!!無料エロマンガ

人気のエロマンガジャンル☆